理想と現実

僕は全く女性経験が無かったので
女性とのエッチな事は
物凄く気持ち良い事なのではないかと
勝手に妄想していましたね。
なので、その妄想はどんどん
膨らんでいきある日、僕はとうとう
デリヘルで遊んでしまいました。
僕は昔から女性の胸に
興味がありまくりで
夢はパイズリをしてもらう事だったんですよ。
そして、巨乳のデリヘル嬢を呼んで
遊んでみたんです。
会話も程々にシャワーも浴びてという流れも
デリヘル嬢にリードして貰って
そして、とうとう念願のベッドイン!!
デリヘル嬢のFカップはあるであろう巨乳に
僕のアソコを挟んで貰います。
そして、始めてのパイズリをしてもらったのですが
・・・あれ?思ってたよりも
気持ちが良くないぞ?
もっと、ふわふわのマシュマロのような
気持ち良さだと思っていたのに・・・
あぁ、現実は非情である。
結局、パイズリよりも手コキの方が
気持ち良くてそれでイクことになりました。
でも、ずっと夢に描いていた
パイズリがあんなものだったなんて・・・
あぁ、理想は理想のままの方が
良かったのかもしれない。
現実を知ってしまった事で
僕の中の夢は崩れ去ってしまいました・・・
しかし!これからも僕は戦い続けるでしょう
厚木 風俗という戦場でね。